heihei blog

書けるときに書く。📝

27歳になりました

f:id:shaunkawano:20190304003356p:plain

このまえ27歳になったので、26歳の振り返りと、27歳の抱負についてざっくり、ささっと書きます。

26歳の振り返り

26歳の振り返りを3つだけにまとめるするとすると、下記の3つとなりました:

  • 登壇数をとにかくこなす、として、とにかく登壇回数を意識した
    • speakerdeckの資料数は前回誕生日の頃から数えて10スライドでした
  • 毎月ブログを書くということを継続した
    • 振り返りだけの月もあったけど、なんとか、数だけは、、という形
  • 本当にいろいろなことを経験させていただけた(業務)
    • 新規立ち上げが終わり運用フェーズから、別子会社出向からの、いわゆるマネージメントの分野まで今年はチャレンジさせていただきました

振り返りをすると反省点だらけです。

以前、勉強会でお会いした著名なAndroidエンジニアの方が、「アウトプットの数を意識しすぎて資料や内容の質が下がってきたので、一旦アウトプットやめる」と言っていたのは今でも鮮明に覚えていいます。自分はこの一年、質を低下させずに数をこなすことができていたかな?と思うと、質は低下していたこともあったと感じています。

ブログに関しても、同じように、振り返りブログを書くことで、その月やっていたことはもちろん、「あのときはああいう状態で、ああいうふうに感じていた時期だったな〜」と、その当時感じていたことだったりも一緒に思い出せたり振り返りができてすごく良いと思う半面、技術的な記事は減ってしまいました。

業務に関しては、贅沢なまでにチャンスをいただけたと、その時々でも、振り返ってみても、思えるくらいに充実しているとおもいます。(冗談でも誇張でもなく)

仕事は、富豪な裕福ニートでもない限り、1日1日の中で大部分の時間を占めるものだと思っていて、その仕事が充実していると思えているのは幸せなことだと思っています。このように思えるのは、紛れもなく、優秀、そして優秀であること以上に、優しく尊敬できる社内の方々に支えられているからだと思います。本当にありがとうございます。

恩返し、というわけではないかもしれませんが、そういう方々に自分もなにかを与えれるように、初心を忘れずに、また0から精進できればと思っています。

--

27歳は、

  • Android以外の技術
  • 量<質にを意識して、ブログでのアウトプット
  • 個人でなにか作る

を特に意識します。

今年も元気に、そして上にも書きましたが、尊敬できる方々に自分がなにかを与えれるように、初心を忘れずまた0から精進します。

(誰向けかわからないし、変に真面目になっちゃった)

うんち💩💩